FC2ブログ

春の風に佇んで、暖かさに涙した。

2011年03月27日 16:28


今日、本屋に行った。
目当てのコーナーの途中で立ち読みしている若い女性がいた。
何だか妙に惹かれるものがあって、声をかけたいと思った。

もちろん、世間一般的にもキレイやカワイイと表現される整った容姿で、流行を意識しすぎない落ち着いた服装で、自分と同様に本が好きなのだろうと思ったのが『何だか妙に』の理由の一部ではある。

結局、声はかけなかった。
なんて声をかければいいのかわからなかった、というのが理由の一番ではある。

これからも出会うであろう街ですれ違うだけのたくさんの人々、その一人にすぎない。
その程度の出会いだ。
だから、何だか妙に惹かれたけど結局声はかけなかった、のかもしれない。


でも、今までに綺麗で可愛い人はたくさん見てきている。
色んな場面で様々な状況で、出会っている。
もちろん、記憶に残っていないものが多い。特別なことではない。

しかし、声をかけたいと思ったことはそれほど多くない。
少ない想いは覚えている。
外見に魅せられて、そう思ってしまったのだから、すごく美人であったのだ。
それは、よく覚えている。


だから、言える。
その時の気持ちと今日の気持ちはまったく別ものだ。

知り合って、友達になって、恋人になって・・・
思い合って、見つめ合って、恥ずかしいことして・・・

そういったことではない気がした。


じゃあ、どういったことなんだと言われれば、どうだか。

たいしてかわりはないかもれないが、
僕は、僕の話を聞いてほしかったんだと思う。

僕の今をこれからを聞いてほしかった。

決断って結局自分がするものだと思う。
誰かに相談しても、相談する前に自分で答えを出しているというのが持論である。
相談はされることの方が多いからそう思うのかもしれないけれど。
自分が相談しようと思っても、冷静に考えてみると既に答えは出ていて、その答えを変えるつもりないということに気づく。
つまりはただの宣言になることがほとんどだ。

だから言わないこともある。そういった過程を省くから誤解されることもある。
「何を考えているかわからない」とけっこう思われているみたいだ。
そのことでときに傷つけることもあるみたいだ。
それもわかってて言わないこともある。自分も傷つくから。
それよりも相談してほしいなら、そういう環境がほしいもんだ。
なんて思ったり。


いろんな経験をして、僕の今をこれからについて相談したいことがある。
内容は両親や友達、職場の人には話せない。
話せないことではないけど、話したくない。

誰かまっさらな気持ちでいる人に聞いてもらいたい。
本当の気持ちなんて簡単じゃないけど、単純だ。
行動できるかできないかで、はじめの一歩が重い。

変わりたくても変われない
変わりたくなくても変わってしまう


だから、手を引いてくれる誰かがいてほしい。
スポンサーサイト

ライブ参加記録

2011年03月27日 16:06

11/17 THE BACK HORN KYO-MEIツアー~アライサム~ in 新木場STUDIO COAST
12/9 宇多田ヒカル "WILD LIFE" in 横浜アリーナ
12/31 氷室京介 KYOSUKE HIMURO TOUR 2010-11 BORDERLESS "50×50 ROCK'N'ROLL SUICIDE" in 日本武道館
1/15 GLAY LIVE TOUR 2010-2011 ROCK AROUND THE WORLD in 横浜アリーナ
1/16 倉木麻衣 MAI KURAKI LIVE TOUR "FUTURE KISS" in 森のホール21
2/12 宮本笑里 リサイタルツアー 2011 "for" in 神奈川県立音楽堂
3/9 レミオロメン SPECIAL CONCERT "Your Songs" with Strings in 横浜アリーナ


どれもマヂやばかった><


Recent Entries